本文へスキップ

音楽・DTM・フリー配信・作曲・ヴォーカロイド・編曲

癒し系からポップスまでHMG SITE

ggggggg

第2集の歌詞集

第2集の歌詞集
第1集同じく「街」シリーズである。

Music Titleお知らせ

  • ひとりじゃないよ  初音Miku


    あの日別れたあなたと
    いつか会えると信じ 
    今まで生きてきたけれど 
    一度も会えずに 
    想い出だけなぜか 
    心に響いてる
    振り返ればあなたを 
    思い出すよいつでも 
    木漏れ日こもる並木道 
    あの日会えなくて 
    雨上がりの街を 
    一人で歩いたよ
    桜咲く季節に 
    会いに行くよと 
    便りを出してみたけれど 
    約束を果たせずに 
    今もこの街に住んでいる
    秋になれば
    会えると信じ 
    目を閉じれば 
    あなたの笑顔が目の前に 
    現れて追いかけて 
    いつの間にやら街はずれ 

    街は人の波で 
    揺れているけれども 
    むなしさばかり寂しくて 
    通り過ぎてゆく 
    丘に登れば空が 
    近くに手が届く
    一人寂しくなれば 
    空を見上げて思う 
    いつか来た道想い出の 
    懐かしさばかり 
    今、名残の季節 
    季節がやってくる
    一人じゃないよと信じ
    両手に贈る花束を 
    抱えて旅に出る 
    あなた待つ北国へ
    一人じゃないよと信じ
    風通るあなたの手の温もりを
    幸せの印だと 
    あなた待つ北国へ 

    一人じゃないよと信じ 
    風めぐる 
    時は過ぎゆく花季節 
    いつかは会えるとき 
    心再び北国へ
    心再び北国へ

  • 木の葉散る  初音Miku


    私の好きな季節それは秋
    赤く色づき風に吹かれ 
    私の心は秋模様 
    わずかばかりの 
    悲しみ喜びを生きている証です
    街を歩けば街行く人はせわしく光求め
    孤独の涙を癒してくれる 
    アスファルトの余熱さえ 
    心の中熱くして 
    むなしくてあなたを思う
    木の葉散る街並木 
    いつも私を包んでる
    枯葉の香り生きてる深呼吸
    らら 木の葉散る 
    かさかさと希望の声聞こえてる 
    心の中に緑の風さえも
    らら 通り過ぎ想い出 
    鮮やかに色づき 
    いつの日か会えるときまで 
    私は木の葉 

    私の好きな季節それは冬 
    白く色づき銀色の丘 
    私の心は冬模様 
    寒さをしのぐ 
    暖炉が部屋を暖め 
    手紙を書いています
    森を歩けば綿景色 
    いやなことなど雪の下へ 
    寒さに凍えたときもあるけれど
    葉を落とした木々たちは 
    耐え忍び 
    いつまでも忘れないあなたを思う
    木の葉散る冬が来る 
    いつも私を見つめてる
    枯葉の香り生きてる目を閉じて
    らら 木の葉散る 
    さらさらと懐かしい人
    聞こえてる 
    友達の声白き風さえも
    らら 木々の芽も 
    いつかわ鮮やかに色づき 
    いつの日か会えるときまで 
    木の葉は散る

  • 君は海私は空  初音Miku


    君は海で私は空 
    深く青く広い 
    海と空が出会うところ 
    ともに生きる二人 
    喜びも悲しみも 
    海と空のかなた 
    やさしさといたわりを 
    いついつまでも

    あの雲の向こうから 
    君は駆けてきた 
    一人寂しくても愛があれば 
    生きられる 
    遠く想う故郷は
    海と空のかなた
    母と父の思い出を 

    風と雲に乗せて

    喜びも悲しみも 
    海と空のかなた 
    幸せ求め二人は 
    二人は生きる 
    二人は生きる

  • 二十歳のころ  巡音Luka

    アカシアの花咲く
    私二十歳の春に 
    二人で訪ねた湖の街 
    とても素敵なひと時を 
    アカシアの花咲く 
    私二十歳の春に 
    夢をもとめ 
    こころ風に 
    吹かれて私は生きている 
    あなたとであった想い出は 
    黄色に輝くアカシアに 
    真綿のように包まれ 
    いつでもあなたを思ってる 
    想いは遥かに 
    いつか来た街で 
    アカシアの花が 
    水面に漂い 
    願いはこころに 
    想い出のこの街で 
    ひとしれずに涙ぐんでももどらない 

    サルビアの花咲く 
    私二十歳の秋に 
    二人で歩いた 
    湖の街 
    さざ波ゆれる瑠璃色の 
    水面に輝くサルビア 
    想い出の紅い花 
    消えてゆく 
    何もかも 
    街は薄紅色に暮れてゆく 
    想いは遥かに 
    水色のこの街は 
    サルビアの花びらが 
    きらきらと輝き 
    願いは遥かに 
    再び来た街で 
    想い出を抱きしめて 
    明るく生きて行く

  • 雪模様  キヨテル


    雪おろし手伝い すべり落ちて
    泣きべそかいて けがをしてしかられた 
    雪が降る 白く輝く 想い出の雪 
    忘れられない友よ 
    今も元気で暮らしているだろうか 
    ああ 冬が来る 

    寒さで手が凍え りんごのように赤い顔 
    竹スキー そりすべり 楽しかったよ 
    北国は今日も雪が降る 田舎の道は 
    白く輝くダイヤの道 
    宝のように光っていた想い出 
    ああ 春が来る 

    木の芽がふくころ 雪も融けてゆく 
    はじけるような 春の息吹が目にしみる
    野山は春の風 森の香りさえ 
    心燃えるような 
    春の誘いが夢もよう

  • 嘆きの街  Gackpoid


    悲しみに沈ずんでる夜更けの街角で 
    一人たたずみあなたを待ち続ける 
    昨日の昼 
    君に会うために 
    訪ねてみたけれど 
    風のささやきばかり 
    この街は 
    時をくれる街と 
    信じていたけれど 
    悲しみの街でした 
    この街は好きだけれど 
    この街で生きると決めて 
    何もかも失ってしまい 
    さびしくて 
    むなしくて 
    時は彼方に消えた

    面影を追い求め 
    この街へ来てみたが
    何もかも変わらず 
    むなしく忘れはしない 
    明日の昼 
    君に会うために 
    きっと会えるような気がするのです 
    この街は 
    時をくれる街と 
    信じていたけれど 
    悲しみの街でした 
    この街は好きだけれど 
    この街であなたを信じ 
    命かけたすばらしい時を  
    喜びと限りない 
    時を再び求めたい 
    時を再び信じたい

  • 楽曲他関連サイトへ

  • 第1集
  • 第2集
  • 第3集 RESTORATION SERIES 1
  • 第4集 RESTORATION SERIES 2
  • 第5集 RESTORATION SERIES 3
  • 第6集 Human and Nature
  • 英語で歌う日本の歌
  • 朗読 日本語・英語        
  • 宮沢賢治の世界 精神歌 星めぐりの歌